性病の症状と治療法を知ろう!

風邪薬としても使えるジスロマック

大手の製薬会社であるファイザー社から販売されているジスロマックは、マイコプラズマ肺炎やクラジミア、風邪などの病気にも非常に高い対応をしています。
その使い道は非常に汎用性があり、インフルエンザなどのウイルス性の病気に主に対応しています。

多くの細菌に抗菌効果のあるジスロマックですが、主成分にはアジスロマイシンが配合されていて、この成分によって細菌のタンパク質生合成という細菌の増殖に必要なものを阻害することで、細菌の増殖をすることができなくなり、やがて死滅します。
この抗菌作用が高いのが特徴です。

基本的にアレルギー反応を起こすリスクが非常に小さいものとされておりますが、既往症として心臓病などを患っている方々は医師に相談し、指示を仰ぐことも大切です。
更に特徴としては非常に効果が長引く薬であり、3日飲んだだけで、1週間分から2週間分くらいの長い時間抗生物質を飲んだかのような強い効果を実感できます。

また、他の抗生物質と比較して、医療機関でのみあわせが悪い医薬品が少ないので、事前に確認を取っておくことで安心して飲むことが可能な医薬品となっています。

なお、ジスロマックは、抜歯した後にバイ菌が入り込んでしまって幹部が生んでいる場合の歯科の治療のとき、耳鼻科では中耳炎など最近が関係した炎症を起こしている人にも処方されることがあるので、心臓の悪い人の場合には事前に申告しておく人が多いのです。

また、大変まれにですが胃腸の痛みや嘔吐や下痢といった、胃腸関係をはじめ、皮膚の発疹や目の充血、更に肝機能障害など副作用を発症してしまう人もいますので、発症した場合にはすぐに使用をやめて医師に相談するべきです。

あまりに長引く場合もすぐに飲むことをやめて、医師に相談するべきとなっています。
仕事や真理的な問題によって病院にいくことが難しい人の場合には、海外からの医薬品を個人輸入して常備しているという人もいるのです。
妊娠中でも胎児への影響がないので、仕様を許可されている抗生物質となっています。